【水瀬いのり聖地巡礼】宇宙よりも遠い場所 ~南極ハイスクール~

【水瀬いのり聖地巡礼】宇宙よりも遠い場所 ~南極ハイスクール~

宇宙よりも遠い場所のBD第3, 4巻の映像特典の南極ハイスクールのロケを行なったSHIRASE 5002を巡礼してきました。

SHIRASE 5002

住所: 千葉県船橋市高瀬町2
HP: https://shirase.info

地図



2018年6月3日に開催されたチャレンジング SHIRASE 2018 第二回 with マリンフェスタ2018 in FUNABASHIの時に行ってきたのですが、普段から隣にあるサッポロビール千葉工場と併せた見学ツアーが開催されています。

http://www.sapporobeer.jp/brewery/chiba/kengaku

BD発売前でしたので、YouTubeに公開されていたダイジェスト版(現在は削除されているようです)を見て行ってきました。


外観

南極ハイスクール 1
巡礼写真 1
映像とか写真だと伝わりにくいですけど、本当に大きいです。

4人が立っていた場所は柵で囲われていて入れませんでした。


ブリッジ

南極ハイスクール 2
巡礼写真 2
他の3人とは違っていのりちゃんは謎のポーズ(笑)

南極ハイスクール 3
巡礼写真 3


南極ハイスクール 4
巡礼写真 4

ブリッジの入口です。

南極ハイスクール 5
巡礼写真 5
艦長席です。

座り心地は確かに良かったです。

南極ハイスクール 6
巡礼写真 6
ブリッジの全景です。

双眼鏡はどれがいのりちゃんが持ったものかわからなかったので、とりあえず全部手に取ってきました←



行ったのはBD発売前で、CICはカーテンがかかっていて存在に気づきませんでした()

入ることができたのかどうかもわかりません。

他所のブログを見てみると、2010年頃にCICも見学している記事も複数あったので、そういう機会もあるかもしれませんね。




次に行っていた艦長室はブリッジの下にあるらしいのですが、スタッフに聞いてみたところ、この日含め普通は入ることができないそうです。

とはいえ、稀に入れる機会があるとのことでしたので、是非とも行ってみたいところです。

士官室もこの日は入ることができず、多分同様だと思います。

タイガーカットハウス しらせ本店

南極ハイスクール 7
巡礼写真 7

南極ハイスクール 8
巡礼写真 8

南極ハイスクール 9
巡礼写真 9
僕もここ数年髪切るのが面倒なので、周りを気にしなくていいなら坊主にしたいですね (どうでもいい


歯科室

南極ハイスクール 10
巡礼写真 10
時計を見ておわかりいただける通り、ちゃんと時間帯もいのりちゃん達のロケに合わせて行きました。

決してただの偶然ではありません。


医務室

南極ハイスクール 11
巡礼写真 11


手術室

南極ハイスクール 12
巡礼写真 12



この後座学と実験コーナーをやっていた部屋は、研修室と雰囲気が似ていたのですが、椅子の色が違っていたので違う部屋だったようです。

液体窒素の実験は、院生の時に床に液体窒素をぶちまけて、「ダダンダンダダン」と言いながらターミネーターごっこをしたのが懐かしくなりました (これもどうでもいい (危険なので真似しないでください (普通真似できない


食堂

南極ハイスクール 13
南極ハイスクール 14
巡礼写真 13
ダイジェスト版ではこちらの映像はなかったので、ちょうどいい写真を撮っていませんでした(泣)

1番手前のテーブルが4人が座っていた席で、右奥が輪投げをやっていた場所です。

写真のさらに左側に厨房があります。

どんな映像が収録されても対応できるように、入った部屋は基本色々なアングルで撮影していたのですが、食堂に入ったあたりで微妙な揺れが響いてきて若干船酔い気味になっていたので……

いつか撮り直しに行きたいと思います。

座っていいならいのりちゃんが座った席にも座りたいので←


サイン

サイン入りパネル
いのりちゃん含めキャスト4人のサイン入りパネルです。

先程少し挙げた研修室にありました。

ちなみに研修室はこんな感じです。

研修室
奥の方にサイン入りパネルがあります。



おまけ

SHIRASEプレミアムツアーで観測室、制御室、機関室等を見ることができました。

人数限定の見学ツアーで、こちらも普段入ることができない場所です。

決してここでロケをやったかもしれないから撮影しておいたけど、蓋を開けてみたらロケでは使われていなかったとかではないですよ……

単純に社会見学としておもしろかったです。

制御室
観測室
機関室



サッポロビールの見学ツアーではどの程度自由に見学できるのかはわかりませんが、それでなくても年に数回チャレンジングSHIRASEが開催されているようですので、是非行ってみてください!

0 件のコメント :

コメントを投稿